--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.31

新聞載ったよ 2

昨日に引き続き29日の河北新報に載ったへそ大根の記事です。

こちらは宮城県の県南部の方だけに届けられる記事。
それでもこんだけの分量でへそ大根を特集してもらえるのはうれしい!

sennankahoku1

この記事の中のポイントはここ!
文章の中盤くらいにある「乾燥機では作れない味わいは、先人の知恵と地域の自然が生み出したもの。同じ町内でも、平地では作るのが難しいとされている。」というところ!

これに絡んで先日ちょっとこんな話がありました。
仙台の方からご連絡があったのですが、
「筆甫のものだと思って、楽しみにへそ大根を買ってきてよくよく裏面を見たら筆甫のへそ大根ではなかった。へそ大根も飴色というよりは白っぽい色をしてました。同じへそ大根で売られているとはいえ、なんか残念でした。」とのお話。
この方は品質についてはコメントしませんでしたが、へそ大根は「地域の自然」が生み出すもの。

大根の切り方、ゆで方、干し方などの筆甫の生産者さんの経験。
そしてへそ大根をもっとも美しい飴色にしてくれる筆甫の自然。

これらが絡み合って美味しいへそ大根ができるのです。
この記事ではそこのところをわかりやすく書いてあり、嬉しかったですね。

スポンサーサイト
Posted at 12:37 | へそ大根 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。