FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.11

筆甫の移住事情その3

「筆甫に移住したいんですが」

そのような問い合わせは月に1~2件くらいある。
これがテレビとかで筆甫の田舎暮らしが取り上げられると
その直後に5~10件くらいの問いあわせがくる。

そのように問い合わせはそれなりにあるが、実際に移住に結びつくのは年に1組あるかないか。
そうそう簡単に移住が決らない理由のひとつに挙げられるのが空家不足。
いや、空家はいっぱいあるのである。貸してもいいといってくれる空家が非常に少ない。

そして地元の人が、その空家の持ち主さんに「家を貸してください。」というのは
結構なパワーがいる。人から家を借りるためにお願いに行く。本当にパワーがいる。


だからついつい受け入れ側ではその人の熱意を図ってしまうこともある。
「この人本当に筆甫に移住したいのかな?」
「この人地元の人としっかり付き合えるかな?」

「図ってしまう」とは書いたが、別に意図して試しているわけではない。
無意識にその人の気持ちをかんじてしまうのである。
移住希望者の熱意が、地元民の熱意にうったえるのである。
その熱意を感じたとき、地元の人は本気でその移住希望者の気持ちにこたえたいと思う。

いま筆甫で一生懸命暮らしている移住者の中で簡単に家が決まった人はほとんどいません。
みんな家が決らず、筆甫への移住が難しいと思うときがあっても、
筆甫に移住したいという気持ちだけは失わず、何度も必死で筆甫に通ってきました。
その熱意が地元民を動かしなんとか家が見つかってきたんです。

でも、ここで苦労することは無駄ではないんですよ。
だって、その過程で地元の多くの人と知り合いになれるし、
自分がどんな人間だかを紹介できるチャンスですから。

その過程を経るか経ないかで、その後の筆甫の生活が豊かになるかどうか変わってきますよ。
だから、筆甫へ移住したいと願っている方々は、熱意を持って何度でも足を運んでください。

お待ちしています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。