FC2ブログ
2010.02.12

ランドラッシュと筆甫

昨夜のNHKスペシャルを見た人もいるでしょう。

ランドラッシュ~世界農地争奪戦~

なんでも穀物価格の再上昇に端を発した新たな食糧危機に備え、
食料を輸入にたよる国やその企業がアフリカや東ヨーロッパなどの農地を囲い込む
ランドラッシュという現象が起きているそうだ。

番組ではウクライナの農地をめぐり、日本と韓国の政府・企業が囲い込みを
行おうとしていたところ、結果的に韓国の企業がその買収に成功した内容が放送された。
日本では、「日本の農家を守る」とか色々な補償などの政策上の問題から
なかなか外国の農地を囲い込むところまでは進んでいない現状が放送されていた。


この国はいったいどこに進んでいこうとしているのか。

本当に日本という国土の中だけでは、日本の人口の食糧を守れないのか。
別に「日本の農家を守れ!」と声高に訴える気持ちはないが、なんか違和感を感じる番組でした。

ところは変わって、筆甫では、農地がだんだんと荒地と変わっていっています。
耕作放棄地はいずれ森に還るからあまり気にしなくていいんだよ、という話も聞きますが、
今まで人の手が入っていた農地はそう簡単に森へと還っていくわけではありません。

手が入らなくなったあと農地には草は生え、その草は道路に覆いかぶさり、
決して見栄えのいいものではありません。
耕作放棄地が自然のリズムで自然に森に還っていくには使ってきたのと同じ以上の
長い月日がかかるものだと思っています。

本当に手の打ちようがなくなってしまったら、そのような「森に還す」ことも
必要かと思いますが、現状では、そのような考えではなく、「使いたいけど使えない」
「なんとかしたいけどなんともならない」。そんな耕作放棄地が増えています。

来年度、筆甫地区では「耕作放棄地」をどうしたらいいのか、
本気で考えようと動き始めた人たちがいます。
筆甫地区振興連絡協議会地域振興部会に所属するメンバーの方たちです。

今年は「ひっぽ耕作放棄地を本気で考え活用する会議」が行われる予定になっています。
22年度にその話会いがあり、その後少しでも活用の道が見えてくるといいなと思っています。

スポンサーサイト